クラゼミの個別指導スクール徒夢クラゼミの個別指導スクール徒夢

総合予備校クラゼミの個別指導スクール「徒夢(トム)」です。完全マンツーマンのプレミアム個別や映像授業を活用したスタンダード個別をご用意しております。

  • プライバシーポリシー
  • サイトのご利用について
  • サイトマップ
お問い合わせ・お申し込みはお電話でもOK!

新着情報

世界の受験事情~韓国編~

2013.11.11

 こんにちは。静岡西部エリア担当の大橋です。

 

さて、皆さん!118日は何の日でしょう?

実は、韓国の「大学修学能力試験」の日なのです。

日本で言う、「大学センター試験」のようなものなのですが、今回はお隣の国、韓国の受験事情についてお話します。

(韓国については、今尾先生の方が詳しい気がしますが…スミマセン)

 

まず、韓国の大学進学率について。

日本は約50%ですが、韓国は80%以上。

しかも、出身校で一生が左右されるほどの、「スーパー学歴社会」なのです。

となると、受験生も必死です。文字通り、受験に命賭けてます。

ですので、残念ながら不正行為を働く輩も出てくるのですが、それを防ぐために、試験会場はなんと!前日に知らされます。(盗聴器の設置等を阻止するため)

 

そして、当日。

試験会場への道を間違える生徒が多々出現。前日に会場が知らされるので、下見などしている余裕はありません。

そこでどうするか?

なんと!パトカー&白バイが出動し、遅刻しそうな受験生を会場まで緊急搬送です。

この日は、受験生がラッシュに巻き込まれないよう、公務員と大手企業の出勤時刻が10時以降になり、リスニングの時間帯は飛行機の離着陸が規制されます。

バスもこの時間帯は徐行運転です。

まさに、国を挙げての一大イベントです!!

 

そして、受験。

携帯電話は持っているだけで「カンニング」と見なされますが…

「ふ~ん…で?実際にカンニングしたらどうなるの?」

なんとなんと!!試験の無効は当然のこと、翌年の受験の権利も剥奪されます!!はい、ここで2浪確定です。

 

「そこまでするか!?」と言いたくなるような受験システムですが、この艱難辛苦を乗り越えて一流大学に合格すれば、就職も安泰、結婚相手にも恵まれるという、「絵に描いたような勝ち組の生活」が待っているのです。

 

日本と韓国、どちらがいいとか悪いとか、そういう話ではありません。所変われば事情も変わります。

ただ一つ言えるのは…

 

 

「世界中どこでも、受験生って大変だ!」

 

 

あ~、受験勉強しんどいな~…と思った時は、気分転換も兼ねて、世界に目を向けてみるといいかもしれませんよ!?

のび〜るBOX 校舎案内 個別指導徒夢とは 徒夢4つの特長