クラゼミの個別指導スクール徒夢クラゼミの個別指導スクール徒夢

総合予備校クラゼミの個別指導スクール「徒夢(トム)」です。完全マンツーマンのプレミアム個別や映像授業を活用したスタンダード個別をご用意しております。

  • プライバシーポリシー
  • サイトのご利用について
  • サイトマップ
お問い合わせ・お申し込みはお電話でもOK!

新着情報

数学って、何の役に立つの?

2013.10.14

静岡市エリア担当の富坂です。

 

この言葉、数学が嫌いな生徒からよく聞く言葉ですが、今、その数学がひそかなブームになっているそうです。近年、数学や統計学に関する書籍に人気が集まっていて、仕事の場でも重宝される統計学だけでなく、数学に関する本がよく売れているようです。数学の問題を解くためには、問題内容を理解し、それを数学的な書き方に翻訳するという過程を経る必要があります。その行為は「考える」という作業の根本になります。具体的な数を扱う「算数」とは違い、数や形をはじめとするいろいろな考えを用いる数学は、広くいろいろな方面に用いられますので、数学的思考はあらゆる場面に役立ちます。仕事だけでなく日々の生活の中でも、私たちは多くの問題を数学的思考で解決することが出来ます。

【過程を知ればこわくない】

たとえば、買い物の時によく目にする「割引」と「ポイント還元」。いったいどちらの方が得なのでしょうか。例として1万円の買い物をしたい場合を考えると、「割引」は1万円の商品が10%引きとなっているなら、商品は10000×(1-0.1)=9000円で購入できます。一方、「ポイント還元」では、還元率が10%の時、1万円分の買い物につき1000ポイントが加算されます。1ポイント=1円なら、さらに1000円分の買い物が出来ます。「ポイント還元」で得した分を計算で確かめてみると、10000円(払った金額)÷11000円(買った商品の値段)≒0.909(90.9%)つまり割引率は9.1%となり、「割引」の方が得になります。数学的思考で考えれば、得しますね。

【ゴールから逆算】

『お題:誕生日ケーキをうまく分けたい』

目指すゴールに、どうたどり着くかを考えるのは、数学的思考の特徴です。証明問題のように結論があらかじめ提示されている場合は、ゴールからさかのぼって解答までの道筋を考えることが必要です。

ケーキを参加者に切って分けるときに、360度を人数分で割った角度で切り分ければ均等になりますが、誕生日を迎える人にケーキを多く分けるにはどうしたらいいでしょうか? 答えは、「360÷人数分」の角度より大きい角度で取り分ければいいのです。

【問題を読み替える】

『お題:夏の高校野球の試合数は?』

手に負えないように思える問題も別の視点から考えると簡単に解決できる場合があります。数学を学ぶことで、多くの公式や考え方を組み合わせ、問題に対する新しいアプローチを探す力を養うことが出来ます。夏の甲子園のように大規模なトーナメント戦は「1試合につき1チームが負ける」仕組みで、最終的に勝ち残るのは1校(優勝校)のみなので、試合数は「トーナメント出場校数―1」(負けチームの数)で求められます。ちなみに、今年の夏は、出場校49校で、試合数は48でした。

まだまだ役に立つことが無限にあります。 さあ、徒夢生がんばれ!

のび〜るBOX 校舎案内 個別指導徒夢とは 徒夢4つの特長